ブログパーツ

2007年03月01日

ロングテールなアクセスアップ作戦

コンテンツマッチ広告のブレイナー

アクセスアップのためのロングテール戦略を考えてみました。

■ そもそも「ロングテール」とは

例えば、ネット上にあるウェブページの中でアクセスが集中するのはウェブ全体の2割のページで、残りの8割はちょこちょこ人が訪れるだけの閑散としたページである、というような法則がある。

これはパレードの法則、という有名な法則で、「世界中のカネの2割は一部の裕福層が所有している」とか、そういう使われ方をする法則です。

で、ロングテールとは「そのほかの8割」の部分を指す用語。例えばウェブ全体のページのアクセス数を考えた場合、アクセスとページの数をグラフにすると思いっきり2次曲線になると言われますが、先細った尾っぽの部分のこと。

尻尾だからテールなのかというと一概にそういうわけでもないらしく、アルファベットの「L」字型のグラフになっているからという説もあるようであります。



■ アクセスアップのためのロングテール

アクセスアップにおけるロングテールでは、残りの8割全体を集約すると、トップの2割にも匹敵する分量になることもあると言われており、この「チリを集めて山にする」のをロングテールと言っている模様です。

このようなロングテール戦略が通用する背景には、例えば「まぐまぐの代理登録を一発で通過する方法」のようなマイナー(?)なキーワードであっても、検索エンジンを使えば見つけられるという事情があります。

キーワードがマイナーであればあるほど検索で上位表示される可能性が高く、従ってわずかずつでもちょこちょことアクセスを集められると。

例えばそれが1日に1〜2アクセスであっても、そういう記事が10こあれば1日10〜20のアクセスアップにはなるという考え方ですね。

10〜20という例えだと、「へー、なるほどね」程度ですが、極端に言って、そういうページが20000ページあるブログならば、一日20000〜40000アクセスになるわけで、あながちバカにはできません。



■ ロングテールを加速させる究極の仕組み

検索エンジン様の力に期待したロングテール戦略の場合、本当に月に1度検索されるかされないかのようなキーワードだと、効果が現れにくいというのがあります。というか、まあ、それこそがロングテールなんですが(笑

それよりも少しはマシな手段として、あるいは同時に意識的に利用することでものすごい効果が期待できるのがトラックバックなのであります。

あ、「ものすごい」といっても検索エンジン経由のロングテール効果と比較して、という意味です。いまのとこの実感としては20トラバで1アクセス/日程度の効果という感じでしょうか?

トラックバックを付けるときのコツですが、まず、どんなブログエントリーでもいいというわけではなくて、ある程度精読率が高そうな記事を選んだ方がいいです。

その理由は、自分がトラックバックをたどってしまう場合を考えると想像しやすいでしょう。なんだか、いかにもアドセンスクリックしてください風な量産ミエミエなエントリーだったら、トラバの一覧をチェックする前にそのページは閉じられているはず。

逆に充実した記事を読んでいる場合には、もっと書かれている内容について知りたいと思っているはずです。そのとき、記事の下に関連記事へのトラックバックがあったら・・・・? クリックしますよね。そういうことです。

つまり、こういう流れで獲得したアクセスは比較的濃いアクセスと言えます。

同様に被リンクを作れるという意味ではコメントも同じ働きをしてくれますが、コメントの記入作業が必要になるぶん、作業量対効果で考えると、効率が悪いように思ってしまいます。その時間を使ってトラバを2〜3本追加したほうがいいんじゃないか? というのが今のところの私の意見です。


■ この記事が参照している記事
http://ameblo.jp/howdys/entry-10026449621.html
http://d.hatena.ne.jp/Artisan/20061230/1167442567
http://blog.livedoor.jp/matsu_16/archives/50806099.html
http://0zenya.livedoor.biz/archives/50415374.html
http://www.gakulog.net/10077/archives/0000286.html
http://tikara.bizpnet.com/net/002200.php
http://beyond.cocolog-nifty.com/akutoku/2006/09/post_a730.html
http://uniblog.unicre-navi.com/2006/11/the_long_tail.html
http://richup.seesaa.net/article/24666162.html
http://gogoggo.cocolog-nifty.com/anazon/2006/10/post_e7a2.html
http://www.web-intg.net/itmc/2006/10/post_6c19.html
http://bussan.org/blog/affgakkou/6/post_42.html
http://holyterror23.blog32.fc2.com/blog-entry-276.html
http://www.uportal.ne.jp/WisdomNetworks/Blog/archive/2006/10/06/weblogentry-399
http://okadatalks.seesaa.net/article/25404382.html
http://kei-it.tea-nifty.com/sailing/2006/09/post_70c5.html
http://take1204.blog7.fc2.com/blog-entry-212.html

この記事が役にたったら一票を m(_ _)m => 人気ブログランキングに投票!

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。