ブログパーツ

2007年03月19日

タイトルと属性

コンテンツマッチ広告のブレイナー

 メルマガでアフィリエイトする場合、
 どんなに気合いを入れて書いても、
 読んでもらえなきゃ、意味ありません。



 すごく実績と名声があるなら、
 名前を見せただけで開いてもらえます。


 でも、実績も名声もない場合には
 クリックせずにはいられないタイトルが必用になるわけです。

 で、煽り系に走りがちになるわけです。

 「明日には300万円の入金があります!」とか、
 「140万円ぶんの情報商材、タダであげます」とか、
 「おっぱい揉めます!」とか(笑)、
 (最近こういうメールが良く来きます ^^;)













 せっかく書いたメルマガは開いてほしくてたまらないわけですが、
 タイトルってそれ相応の読者を呼び込むんじゃないかと思っています。



 つまり、タイトルがすごく「引き」が強くても、
 中身のない煽りばっかでビューを稼ぐと、
 読者の属性もスカスカな感じになってしまうんじゃないかと。




















 例えば、



 「明日には300万円の入金があります!」なら、
 → 即、大金が手に入らなきゃいやな人ばっかり。



 「140万円ぶんの情報商材、タダであげます」なら、
 → 情報商材にカネ払うつもりなし。



 「おっぱい揉めます!」なら、
 → ^^;




















 一度、「自分が商売しやすい相手」の人物像を
 具体的に想定してみるというの、どうでしょうかね?



  ・情報商材には興味がある
  ・でもアヤシイと思っている
  ・独自にメルマガも発行してみた
  ・でも他人が言うように稼げていない
  ・役に立つなら、情報商材の力に頼ってもいいと思っている
  ・役にも立たないセールメルマガには辟易している
  ・役に立つ無料の情報なら一生懸命読んでもいい



 とか、とか。





















 そういう人物を頭の中でカッチリ作り上げてみて、
 そういう人が興味を持ちそうなコトバを選んでみると、
 精読率を上げやすいんじゃないでしょうか。

「情報商材買いたい人、いませんか?」とかね。























 ・・・それじゃダメか・・・。























 キャッチコピー、タイトルって難しいですね。






















 そんな悩めるあなたにオチ押しのキャッチコピーの見本集、
「SKAT」(宣伝会議・刊、1600円)
 15日に発売になったみたいです。


 小山さんも音声セミナーで推薦しています。


 手元に置いて、パラパラ眺めると効果的ですよ。
 お求めは、お近くの本屋さんでどうぞ。

























 え? アマゾンで買いたい?

 → http://tinyurl.com/ysasps

この記事が役にたったら一票を m(_ _)m => 人気ブログランキングに投票!

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。