ブログパーツ

2000年02月02日

稼ぐとは

コンテンツマッチ広告のブレイナー

アフィリエイト業界では、「儲かる」という言い方がされることが少ないように思う。「儲かる」ではなくて「稼ぐ」なんである。

これは何でだろう、とずっと引っかかっている。別に誰かが、稼ぐと言わなきゃダメ、と決めたわけではないだろうから、明確な理由があるわけではないだろう。

客観的に聞くと、「儲かる」というのは、受動的な印象がある。「稼ぐ」と聞くと、なんだか一生懸命がんばっている感じがする。両方を聞いて、好感が持てるのは、「稼ぐ」の方なんではないだろうか。

特に情報商材を最初にみたときは、それはそれは怪しさ爆発だ。その上で「儲かる」なんて言うと、ものすごくあくどいコトをしちゃってるような印象がしてしまうのは、私だけだろうか。つまり、「儲かる」ではなくて、「稼ぐ」を使うのは、たぶん、イメージアップ作戦の一環であり、意外と効果があるんじゃないかな、なんて思っています。

この記事が役にたったら一票を m(_ _)m => 人気ブログランキングに投票!

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。